FC2ブログ
2011.02.1504:10

よいたまご通信コロコロ 47

korokoroよいたまご通信コロコロ Number47 02.05.24 ~『地球60億人フォークジャンボリー』を目指して~

○社説(フライング) ストリートミュージシャンのゆくえ
○よいたまチョ~いいっす
○よいたまご孵化経過覚書 EE0410-004
抜きうち 年度末よいたま試験 解答例
○雨あがり逆あがり ♪♪♪♪♪♪♪
○のぼり調子
○良い卵?よいたまご?

おはようございます。よいたまご通信コロコロのバックナンバーを紹介します。『コロコロバレンタイン』のコーナーです。今回は2002年5月24日発行のものをご紹介。

ボリウムの多い読み応えのあるコロコロになっています。

「社説」で世相を切り、「チョ~いいっす」では無料音源の配布。「孵化経過覚書」で歴史を書き、試験の模範解答をスグルさんにやっていただいています。

「雨あがり~」は物語終了。「のぼり調子」のタイトルで、よいたまご真ん中野郎がイラストを描いています。推測ですが、よいたまご真ん中野郎はよいたまごの全曲に対して順番にイラストを描いていくつもりだったのではないでしょうか。

スグルさんの解答を見ているとオールジャンルの難問ばかりです。アメリカ横断ウルトラクイズで優勝できる実力があったとしても、なかなか解けるものではないレベルだと思います。「ニューヨークへ行きたいか~っ?!」のウルトラクイズは出場年齢制限があり、私が一度も優勝することなく番組が終了してしまいました。また番組復活するとすれば、

「中国横断超質問」

あたりが現実的な案でしょう。最終ゴールの目的地はどこがいいんでしょうね。敦煌?万里の長城の果て?ラサだとなんかいろいろ問題がありそうな気もします。「中国縦断超質問」にして北京から少し西に寄り道しつつ南下。

「イ尓們想去香港ロ馬~っ?!」
2011.02.1604:10

服は脱がないで。そのままの格好で。

20040110

よいたま会議があった。場所はよいたまごメガネ部屋。もう既に何度も書いているかもしれないが、冷暖房器具一切無しのナチュラルな間取りだ。冬は寒い。

ドアのチャイムが鳴ったので出ると、よいたまご帽子だった。

「どうぞどうぞお上がり下さい。そのままの格好で。靴は脱いで。コートは脱がないで」

部屋は吐く息が白くなる寒さで、僕はジャージの上からダウンジャケットを着たままでギターを抱えた。よいたまご帽子担当はコートはもちろん、そのままの格好でマフラーもしている。僕は靴下を脱いでいて裸足じゃ床が冷たかった。

「靴下履かないの?」

よいたまご帽子担当に聞かれたが、普段は履いている気がする。なんかとてもぶ厚い靴下か、アライグマの顔のぬいぐるみスリッパを履いていたような気がする、、、でもずいぶん昔に捨ててしまったような、、、思い出せない。

エレアコのフレットレスベースをケースから出してみる。ナットが割れている。あぁ、そうだ。いつか割れたんだった。そのままにしておいて、、、いつだか思い出せない。

特に固有名詞が最近出てこない。

「あのー、えっとー、ほら、あのー、ダイアナロスの、、あのー、シュープリームスのレーベルのー、、、なんだっけー、、、ほら、わかるでしょ?あれ」

と『モータウン』をよいたまご帽子担当に伝える。


一方でよいたまご帽子担当は落ち着かない。タバコが吸えないからだ。

よいたまごメガネ担当部屋は会議にはいろいろと問題の多い場所である。
良い点は会議が終わった後によいたまごメガネがお家まで帰らなくていいことだ。
でも、ひと気がなくなると部屋は一層寒くなり。
2011.02.1704:10

よいたまご通信コロコロ 48

korokoroよいたまご通信コロコロ Number48 02.06.14 ~『地球60億人フォークジャンボリー』を目指して~

○想像暴走
すれちがいぼし
○クロスワード
○雨あがり逆あがり ♪♪♪♪♪♪♪♪
○オレンジ
○よいたまチョ~いいっす

よいたまご通信コロコロのバックナンバーを紹介させてください。『0655は金曜日も開始コロコロ』のコーナーです。今回は2002年6月14日発行ぶん。今日はよいたまごメガネ担当が担当します。おはようございます。

♪すれちがいぼしは今最も演奏会で演りたい曲です。ボトルネック。トライアングル。スリリングなアレンジ。名曲だと思います。久しぶりの自画自賛です。

クロスワードがあります。以前の「抜きうち 年度末よいたま試験」に比べれば簡単です。生まれて初めてクロスワードを作ったというか、これが最初で最後の唯一の作品です。

小学2年生くらいからお家にあった『パズラー』『クロスワードファン』『クロスワードレディース』を鉛筆とケシゴムでしょっちゅうやっていました。毎年正月の家族の過ごし方は「年末年始特大号」かなんかをこたつに入ってひたすらやり、解答をハガキに書いてプレゼントに応募する、という休暇。思い返すと、もちつき機とかテレホンカードとかマグカップとかいろいろ当たっていた気がします。『なんきん』のイラストがとても好きでした。

ところで、お家の事情というか、趣味というか、そういうものを同級生と話すことは全く無く、ともだちと集まっては野球やサッカーやファミコン。この「『パズラー』という雑誌をよいたまご帽子の家庭もやっている」という事実を知ったのは小学6年生。非常に驚いた記憶があります。

そしてもうひとつよいたまご帽子に言われて驚いたのが、

「小学生の時、落語の本読んでたよね?」

という成人後のツッコミ。

私は小学2年生の頃からチビっ子用に書きなおされた『こども寄席』という落語本のシリーズを図書館で借りて全部読んでいました。落語もテレビで観て聞いていました。その頃は「しゅんぷうていりゅうしょう」が好きだった記憶があります。思えば結構のめり込んでいたようで、『じゅげむ』と『時そば』を憶えてひとりで練習していました。誰に見てもらうでもなく。

そして誰にも話していない、そんな小学生の趣味をよいたまご帽子が知っていたとは驚きです。もしかしたら「ヘンな同級生」と思われていたのは帽子以上だったのかもしれません。
2011.02.1804:10

カポタストで傘を留めろ!

20040128

「適当なもの」というものはなかなか持っていない。

雨の降り方が激しそうだったので傘を持って出掛けようとした。自分の小さい傘を持って行こうと思ったらお家の人が、

「そこに大きい傘出てるから持って行っていいよ」

と言った。濡れにくくなるので「ありがたいな」と思い傘を差して駅に到着。傘の水気をばしばし落として手でぐりぐり傘のホロ(?)を巻いていったら留めるビニールが切れている。傘がひらひらと広がったままになってしまう。列車の中で周りの人にひらひらと当たって迷惑がかかってしまう。

「何かないかな」とカバンの中をごそごそと探すが期待したアイテム「輪ゴム」「ねじりっこ」「ひも」はいずれもなかった。


カポタストで傘を留めていると、大してギターがうまいわけでもないのに「こんなところでもオレはロックしているんだぜ!」とアッピールしているようで恥ずかしい列車の中。聴いているのはエラ・フィッツジェラルド。
2011.02.2004:10

気持ち好い音は新しい弦で

20040201

よいたまレコーディング作業は僕にとってかなりの重圧らしく、職場の仕事がどんどんたまっていくこととダブルキックで身体を壊し、お医者さんに診てもらうことになった。しかし調べてみてもこれといって原因がわからず、結局「ストレスからくる~」ということで終わった。

原因がわからないでこんなに痛みが激しいことになるはずがない、と全く信じられなかったが(実際二度も診てもらった)、ネットで検索してみる限り同様の症状の人々がたくさんいて「原因はストレス。しばらくしたら治った」という。お医者さんの診断と同じだった。この激痛が何もしないで治まるなんて信じられない。

しかし波はあるものの徐々に回復してきているようで、それは「仕事が少しずつ片付いている」「よいたまレコーディング作業で自分の担当部分が少しずつ進んでいる」と同期している。不思議だ。ストレスが関係していたということなのか。

身体が健康に回復してくると、激痛や鈍痛で眠れなかった最近のことを思い返し、今現在痛みを感じないことがとてもすばらしいことに思えて気分は高揚する。イキオイで楽器の新しい弦も買ってみた(かなり高額な出費)。3つの楽器の弦を新しく張り替えていこうと思う。楽器も喜んで気持ち好い音で響いてくれるだろう。その音は僕を気持ち好くさせてくれるだろう。逆かもしれない。元気に楽器を弾けるから気持ちの好い音が響くのか。両方だ。

自分の気分の高揚は少し怖い。高揚した後にはどーんと落ち込みがやってきそうだから。あまりにも高揚していて普段はやらないのに料理までしてしまった。しかも高揚しているからチョーおいしい。

この高揚パワーをどこかにためておきたい。使うなら♪本牧メルヘンを歌う時。あるいは、よいたま演奏会のお話でオチを期待されている時に。
プロフィール

よいたまご

Author:よいたまご
電子メイルはこちらまで。

演奏会情報です。

ニュウ リリースです。

ミクシーです。

動画(YouTube)です。

フェイスブックです。

twitterです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR