FC2ブログ
2011.02.2204:10

「ヒデキーっ!」に隠れて

20040604

西城さんの歌を聴いていると、自然と「ヒデキー」と合いの手を入れている自分が居る。しかしライブ盤ではないので実際には電気ギターや電気ベースのカッコイイラインが流れていたりする。当時は「わー」「きゃー」「失神ー」と黄色い歓声の中歌っていたわけで、「ヒデキーっ!」はもう歌詞の一部分な気もする。カッコイイラインが全く聴こえないわけで作った人は少しだけ悲しいのかもしれない。

♪情熱の嵐はかなりよいたまでカバーしたい一曲だ。「ヒデキー」と言いたいだけなのかもしれないが、♪本牧メルヘンのようにリピートする部分もあるので、コーラスを歌っていて気持ち好さそうだ。

でも普通に「ヒデキー」と合いの手していたらつまらないよなぁ、と思ってしまうよいたまの性(『タマサガ』)。「よいたまー」が普通だろう。でも歌いにくい。ここは「タカシー」がいいと思った。たぶんよいたまごの真ん中の人はとても喜ぶと思う。

で、ついでに思った。「よいたまー」と合いの手を入れられる歌が欲しい。♪美女3人姉妹の唄のイントロなどで、「よいたまっ!」「よいたまっ!」「ハッ!」「ホッ!」「謝謝っ!」などと叫んでいるのはあるが、「ひできー」のように入れたい。

「ひできー」は文字数がよい。彼が「秀彦」「秀吉」「秀忠」だったらありえないオーディエンス一体型楽曲なのだ。いや、、、違う。当時はそこで「ひできー」と合いの手が入れられることまで計算されて楽曲を作っていたんだ、たぶん。やっぱり歌詞の一部なんだ。だから隠れるラインは最初からそのつもりか!鈴木邦彦。ものまね王座で辛口の審査をしているだけではない。
スポンサーサイト



プロフィール

よいたまご

Author:よいたまご
電子メイルはこちらまで。

演奏会情報です。

ニュウ リリースです。

ミクシーです。

動画(YouTube)です。

フェイスブックです。

twitterです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR