FC2ブログ
2013.05.0704:10

歌詞をパクる

最近は、メロディにのせる詞を考えていることがしばらく続いて

「このメロディには『トーテムポール』がぴったりだな」

とか考えながら電車に揺られていました。左手に小さいノート、右手に青の水性ボールペン持っているので、つり革につかまれず急停車にはお気をつけ下さい。


「カバー曲」というと誰か人が歌っている歌をアレンジしなおして歌うようなことですが、カーナビーツの♪オブラディ・オブラダのように詞を作ってしまうというカバーもあります。そして、もう一歩踏み込んで、メロディも作り変えてしまったらどうでしょう?詞とメロディがオリジナルの歌と違う、、、これはもう既に違う歌ですね。

さて、もうワンパターン考えられます。

歌詞がオリジナル。メロディを作り直す。

これも立派なカバー曲になると思うのですが、ちょっと具体例が思いつきません。この方法でオリジナルを超える楽曲にするのはとても難しいことだと思うのですが、よいたまごでやってみたら面白いんじゃないかな、と思うのです。

感動する詩。すでにメロディがある詩。誰もが知っている歌詞。そして歌いたい詩。

こんな条件の歌詞は、なかなか難しいと思うのです。
誰もが知っている歌詞の歌は多分いいメロディで、それよりも気持ちのよいメロディを作るのかぁ、と思うと。
2013.05.0804:10

よいたまご通信『コロコロ』の紙

よいたまご通信『コロコロ』という宣伝用の紙を
ひと月に2回くらい自分たちで作って発行していました。

よいたまご再起動の際、「紙のコロコロも配った方がいいだろう」
ということになり、7、8年ぶりに作ることになりました。

さて、何を書こう。

とりあえず、よいたまごメガネ担当がしたことは
過去に配られたコロコロを第1号から読み返すことでした。
全部読み終えた感想は「ひどい」でした。どう「ひどい」かと言うと、
読み手のことを一切考えてなく、書きたいこと、作りたいことを
制限無く好きなようにやっている、色々なことをやり過ぎている、という点です。

そして、再起動コロコロを書き始めるに当たっては、
何年か振りだし、再起動だし、丁寧に何か大事なことをうまく書かなければ、
少なくとも以前のような好き勝手なコロコロ通信のスタイルじゃいけない、
というか、そんなパワーや表現欲求も無いだろうと思っていたのです。

いざ書き始めると好き勝手に書いていて、、、かと言って、悪いものじゃなく、
再起動よいたま、再起動コロコロにはふさわしい文章が書けたかな、
と自画自賛するのです。

そして、

5月1日(土)19時~ 八王子のpapabeatパパビートで屋内演奏会
があるのですが、そこでコロコロ、紙の最新号を配ることになりました。
書くネタが無いなぁ、と困っていたのですが、
少し書き始めて、ぽっとアイデアが出てパソコンをぱちぱち叩いていたら、
好き勝手やり放題という結果になっていました。


電脳世界の『コロコロ』はブログという形式ですが、
このカテゴリーでは主に、紙で過去に配っていた「よいたまご通信『コロコロ』」を
載せていきたいと思っています。
近々、現在の最新号55号を掲載します。その後、5/1の屋内演奏会で配る56号。
そして、創刊1号から順にコメント付きで載せていけたらな、と考えています。
2013.05.0904:10

はとぶ

20050102

少し「ギョ」としました。
歯を磨いていたらぽーんと口の中から何かが飛び出し、直感的に

「これは歯だな」

と思ったのですが、予感は的中。素晴らしい勘です。


歯との付き合いがどうも下手で苦手です。歯医者に行くのが一番おっくう。でもがんばって行かないと行けません。小さい頃お家にあった絵本『はははのはなし』をよく読んでいたのになぁ。
2013.05.1004:10

命を運ぶタクシー

20050106

アルメニアのエレバンという町に行ってきました。

町の北にある勝利公園というところでヒマそうにしているタクシーに話しかけ(運転手は車内で『ウラジーミル・プーチン』という本を読んでいました)、乗せて行ってもらうことにしました。目指すはガルニ神殿というところです。

車の多い市内から出ると緑の丘と山。遠くにアララト山が見えます。アップダウンのある舗装状況の悪い道路を走りながら外の景色をぼーっと見ていました。

ふと「運命」という単語が頭に浮かんで来て、「自分の命を運んでいるものは今タクシーだな」と。いろいろなものに命を運ばれて行くんだな、と。

そして行きつく先、死ぬ時、「死ぬ運命」という言葉は命がどこに運ばれていくのだろう、何に乗って運ばれていくのだろう、と。

景色を眺められる移動の時間が好きで、それは自分の内面の旅ができる時間だからで、自分の中を旅したいがためにどこかに自分の身体を運んでいる、命を運んでいるんだと思うのです。
2013.05.1104:10

エアロスミス。

20050108

「いらっしゃいませ」が「エアロスミス」に聞こえる店員が入る店舗に実際に行ったことがないので、「そんな風に聞こえるもんかねぇ」と思っていた。

最近コンビニに新しいスタッフが入り、カルピスオアシスを購入したら「エアロスミス~」と言われた。思い返すと、そこは「ありがとうございました~」のはずなので、「いらっしゃいませ」が「エアロスミス」でなく「ありがとうございました」が「エアロスミス」だ。

まぁ、でも、もう一度しつこく思い返すと、「エアロスミス」なんてひと言も言ってなかった。あのネタの「ェァロス、ミース~」のイントネーションと全く同じイントネーションだったというだけだ。

よいたまご多摩センター路上演奏会エアロスミス。
プロフィール

よいたまご

Author:よいたまご
電子メイルはこちらまで。

演奏会情報です。

ニュウ リリースです。

ミクシーです。

動画(YouTube)です。

フェイスブックです。

twitterです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR