FC2ブログ
2015.05.2704:10

おじゃ丸さんに会いに行く。

20150516

もうずっと、もうずーっと気になっていたことがあって、それは、おじゃ丸さんに会いに行くことだった。正確に言うと、おじゃ丸さんの開いた喫茶店に行くことだった。そこにおじゃ丸さんが居ると思う。

ずいぶん昔の話、前世紀の話になるが、多摩市のとある歌のコンペティションによいたまごが出場した。というか、よいたまごというのは、そのコンペティションのために結成された音楽グルウプだった。一回きりの。おじゃ丸さんはそのコンペティションに出場していて初めてお会いした。

その後、一緒にタイバンのイベントをやったりして交流していたのではなく、というか、おじゃ丸さんの音楽グルウプなんて恐れ多くてそんなことはできず。よいたまごの路上演奏会や屋内演奏会におじゃ丸さんは来てくれたのに、よいたまごのメンバーは一度も行ってないのではないか。

おじゃ丸さんから時々ライブのお誘いメイルが届くような感じで年月は流れた。おじゃ丸さんのお誘いメイルは毎回「一筆(もっと長い!)」が必ず添えられている温かなものだった。

そして何で知ったのか忘れたが、おじゃ丸さんが喫茶店を開いたという話を聞いた。オープン当初から「そこで歌わないか」と、よいたまごは誘われていたのに何年も行けず、よいたまご真ん中ミッチーが「おじゃ丸さんの喫茶店テレビに出てたよ」の話を聞くくらいだった。

気にし出してから何年なったのか。僕は「忘れる」という行為せず、「ずーっと気にしている」状況を継続していたため、いや、時々は忘れてたかもしれないけど、結果的に断続的に「気にし続けて」いたため、先日ふと「おじゃ丸さんとこ行こう」と思い立った。もうほんとに「ふ」と。

喫茶店に行くのだから異性の方の同伴などあったらよいのかもしれないと思い、スマートフォーンに登録されているアドレス片っ端から12名くらいにお誘いメイルを送った。というか、そもそもよいたまごメンバーを誘ったらどうなのか。

喫茶店のあるその駅には生まれて初めて降りたし、そんな名前の駅があるなんて知らなかった。降り立ってふらふら歩いてみようと思った。特にアポイントメントがあるわけでもなし、ひとり気ままに。すぐに良い雰囲気の通りに足が向かい、吉祥寺のハモニカ横町な気分になった。(後で知ったことだが、おじゃ丸さんもハモニカ横町の固有名詞を出して文章を書いていた)

お店の地図は見ず、気ままに歩いていたら「良い雰囲気の横町に良い雰囲気の店があるなぁ」と思ったところで立ち止った。おじゃ丸さんの喫茶店だった。すごい。自然と足が向くところに店がある!(後で知ったことだが、おじゃ丸さんは店を開く際に立地調査を「住んでみてしまう」までして確認している)

致命的だったのが、よいたまごメガネ担当のくせに当日は without メガネだったこと。「異性の方の同伴」などとウツツを抜かしていたからだ。入店して目が合って、こちらは「おじゃ丸さんだ!」と認識できたのに、おじゃ丸さんは全く気付かずで(当然と思う)、「よいたまごです」と言い出すタイミングを逃し、コーヒーとカレーパンを注文しただけだった。「今度こそ切り出そう」とおじゃ丸さんを呼んだまではよかったが、バナナケーキを追加注文して終わってしまった。

不思議なことに、この商店街横町には公衆トイレなるものがいくつか(2コ?)存在し、写真のような看板がいくつか存在する。気になるからわざわざ行ってみて雉を撃ったりした。

「なるほど、、、公衆トイレがこんなにあるということは何か上下水道の問題があって、飲食店内にトイレが無いような商店街なのではないか」

ここの公衆トイレにたどりつくまでのちょっとした短い道、ほんの一瞬だがインドのヴァラナスィー、ガンガーの町の雰囲気を味わえる。そんなことはさておき、「飲食店内にトイレが無いんですか?」とおじゃ丸さんに質問したかったがバナナケーキがチョーうまかった。
スポンサーサイト



テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

プロフィール

よいたまご

Author:よいたまご
電子メイルはこちらまで。

演奏会情報です。

ニュウ リリースです。

ミクシーです。

動画(YouTube)です。

フェイスブックです。

twitterです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR