FC2ブログ
2016.07.0504:10

ハッチュー

20070603_2

下町風情のその店に入るのに躊躇しなかった。店内に欲しい楽器が見えていたから。

「右も左もわからねぇ、まったくのトーシローでござんす。お控えなすって」

と店の主に経緯を話し、とにかく初心者、入門者なのだと。楽器を触ったことすらないのだと。弾いて練習してみたいのだと。

店主、ごそごそと中古楽器を出してきて見せてくれた。目で音色がわかれば手間はないが、とにかくどんな音がするもんか、聴かせてほしいものだ。あれやこれやといろいろ楽器をちまちまちまちまセッティングして、やっと音が出る状態になる。音を出してくれた。セッティング時にいちいち感心してしまった。なるほどー。なるほどー。音の出るようにいろいろな部品を調整して作り上げていくのである。手作り感があり過ぎる楽器だ。少し拝借して音を出してみる。

「お兄さん、すごい弾き方するねぇ」

いやいやいや、だから今、生まれて初めて触ったんだって。なんとかなるのだろうか、という不安より、とにかく手元に自分の楽器を置いて練習を始めたい。多分、「なんとかなるだろう」と思っている範囲内の楽器だから、この新しい楽器に手を出すのだ。

新品はとにかく高すぎる(高杉真吾)。そしてインターネット販売で中古品があったりするが、やっぱり実際に楽器に触って音を聴いて買いたいものだ。とりあえず触らせてもらって、中古品の予算内のものを買ってみよう。いろいろオマケと安くしてくれ、「すみません、、、助かります」と言ったが、さらに、

「まぁ、前金はいいよ。何しろ、まだ調整して出来あがってない物なんだからサ。出来て音聴いてから買う買わない決めていいヨ」

と言ってもらった。こちらはもう弾ける状態の楽器をいただければ、シノゴノ、ロクノナナノ言わないつもりで有り難く安くしてくれた料金で売っていただきたいと思う。

とりあえず発注をした。すごくウキウキして出来上がりを待つ。こんなワクワク感は久しぶりだ。今年はやりたいことがたくさん出てきて、しかもいろいろなことに一歩ずつ踏み出して、少しずつ実現に近づくよう動いてる。なんとか今年中にみなさまにお披露目できるように練習して仕上げたい。

それにしても、メンテナンスが大変な楽器だ。ハッキリ言って専門家じゃないと手に負えない。なので、ランニングコストは絶対に掛かっていくのだけど(ギターの弦が切れるというレベルではない!すごく高価な弦としても!)、その時はいろいろ親切にしていただいたお店にお願いするのだ。なんだかんだで1時間居座って話をしたり楽器を弾いたりしてしまった。いったい何をそんなに話していたのだろう。

お金は掛かるのはイヤだけど、メンテナンスの必要が出てきて、店主のところへお邪魔するのはとても楽しみだ。用がなくても「少し上達しました」とちょくちょく顔を出したいくらいだ。

ぃょーぅうおっ!
スポンサーサイト



テーマ : 民族楽器
ジャンル : 音楽

2016.07.0704:10

ななた

20070604_2

七タです。

見慣れぬ電話番号がリンリン。とは言っても電話帳に電話番号を登録しているのはゼロ件なので、毎回見慣れぬ電話番号なのだが、だいたい電話がリンリンと鳴ることすら滅多に無い。一年に2回、盆と正月くらいなもンで、一日に2回も3回もリンリンした日にゃぁ、盆と正月が一緒に来たようなもンだ。

バイザウェイ。

先日、Zさんに「ラインやってますか?」

と聞かれたので、

KB:「Zさんっ!キョービ、ラインやってないなんてヤバイっスよっ!もうラインやってないと連絡取りづらいってこっちが怒られるンスからっ!」
Z:「いや、だって、拙者はガラケーどころかPHSだから」
KB:「なんだか、ラインだと連絡するのに便利なんですって。やらなきゃダメですよっ!」

と、、、ここまで書いて「ハ」と気が付いた。

そうかそうかそうか。深く納得した。オレは。オレKBは深く、ものすごーく、納得したぞ。よいたまごの連絡が全く無い原因がっ!ぶっちゃけ、よいたまごの連絡が全くなくなり、音信不通になったまま、カレコレ3日が経とうとしている。活動が停滞前線なのはラインじゃないからだっ!つまりラインをやっていないオレのせいかっ!オレがラインをやればよいたまごの連絡が活発になり、よいたまごの活動も活発になり、どんどんCDも売れ、演奏会もたくさん開催され、ギャランティもどんどん入ってきて大変なことになるのかっ!

なんということだ。よいたまご代表が自らグルウプの不活性化の原因になっていたとは、、、オレはラインを入れるよ。オガオさん!ミッチーさん!ばんばんライン入れてくれよなっ!ばんばんスタンプなっ!ばんばん既読ブッチなっ!

ということで、すぐに松本清に行って滲みにくいリキッドタイプのペンシルを買ってきて、ラインを入れてみた。似合うかしら。

テーマ : コスメ
ジャンル : ファッション・ブランド

2016.07.0804:10

黒糖でオキナワを思い出す。

20070605_2

白くまの黒糖味というのがあっておいしい。パクパク食べた。食べたらオキナワを思い出した。

白くまはカゴシマのアイス。

「白くま」。いい名前だ。

テーマ : 郷土料理
ジャンル : グルメ

2016.07.0904:10

ダブリューエイチオウ

20070831_2

先日、人生と年齢について、自分と同じようなことを感じている人に会って興奮した。

というか、ちょっと恥ずかしくて人前でなかなか言えないようなことを考えていたのだが、その人がペラペラと話し出した内容が「ん?んん?んんん!」となるくらい、自分が思ったこと、自分が感じたことと全く同じ。あまりにも同じで驚いて興奮したのだ。

まあ、みんながみんなサイコキネシスやらテレキネシスやらテレポーテーションというわけではないので、こうして、口から出して初めて、というか、文字でもいいけど、とにかく自分の脳から外部に発信をして初めて、

「おー、貴女はそんなことを思っているのか。そしてそれは私も全く同じ思いだ」

ということになるのである。

つまりは♪トーキン バウ マイ ジェーネレショーンということなのかもしれないが、実はずばりマイジェネレイションの人に自分の感じたことを話したら(そもそも笑われる、恥ずかしいと思っている内容である)、笑われたり、恥ずかしいことはなかったものの、全く共感を得られず、やっぱりこの話は誰にもしない方がよいだろうな、と思っていたのである。

誰がそんなこと思ってるんだい?「who?」ってなもンである。
そしてドラムセットを壊す。

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

2016.07.1204:10

みんようを聴く。

20070901_2

こう、十代の頃などにレッドツェッペリンとか聴いていて

「演歌のどこがえーんか?」

と思って生きていた時代があったが、それも年齢を重ねるごとに、なんとなく

「あー、歳とったら演歌も聴くようになるのだろうなぁ」

と想像がつくような時代が来た。とは言え、まだ好んで演歌を聴くようになったりしているわけではなく、SEKAOWAとかWANOKUとかを聴いて生きている。

しかし、人生とは想像を絶する道を進んでいく。少なくとも、

「あー、歳とったら民謡も聴くようになるのだろうなぁ」

などと想像だにしなかったのに、もう既に今現在、民謡を聴くようになっている。しかも好きこのんで。三味線の音色にしびれたりしている。びぃぃぃぃ~ん(サワリ)。

そして、今まで日本のあちこちに出没してほっつき歩いていたが、その土地その土地の民謡など全く気にしていなかったことを、もったいなく思う。いつかこれからまた世界や日本のあちこちをふらふらとほっつき歩くシーズンが自分の人生にやってくるかもしれないが、その時は土地土地の唄、音楽などに耳を傾けてみようと思う。

民謡を聴いてみんようと思う。

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

よいたまご

Author:よいたまご
電子メイルはこちらまで。

演奏会情報です。

ニュウ リリースです。

ミクシーです。

動画(YouTube)です。

フェイスブックです。

twitterです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR