FC2ブログ
2018.07.1904:10

チョーキングの安心感。

20110610_2

「チョーキング」→「チューニング」と読み替えて下さい。

三味線を弾く時にオックーなことは、

・ブリッジをはめて楽器を組み立てなければいけない。
・チョーキングをしなければいけない。

この2点で、これがクリアになれば三味線を弾く行為にたどり着ける。

しかしこの後プレイするにあたって、常に心はそわそわと不安で、それはただただ「チョーキングが狂う」、の一点である。とにかくペグが甘く、すぐに音が狂う不安を持ちながらプレイすることになる。

先日、チョーキングマシーン(音叉ではない電子的なヤツ)を使ってばちっとチョーキングしたら、その後プレイするのに不安感がかなりなくなり、一曲一曲丁寧にプレイできてなんだかよかった。自分は絶縁体音感は無いのだから、耳で合わせるのはズレが大きいのだろう。

さて、ここからは「例の」読み替え無しで進んでほしいのだが、「チューニング」のことを「チョーキング」と言っているのは、よいたまご帽子オガオさんと行ったライブに関係した話である、、、(づつく)
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

プロフィール

よいたまご

Author:よいたまご
電子メイルはこちらまで。

演奏会情報です。

ニュウ リリースです。

ミクシーです。

動画(YouTube)です。

フェイスブックです。

twitterです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR